特 集 
「福島のエネルギー・研究施設」

■福島ロボットテストフィールドの取り組み
福島県商工労働部 ロボット産業推進室 室長
北島 明文
■福島再生可能エネルギー研究所の取り組み
産総研 福島再生可能エネルギー研究センター 研究センター長
古谷 博秀
■福島洋上風力コンソーシアムの取り組み
東京大学 大学院工学系研究科 教授
石原 孟
■福島県内の原子力機構の研究施設
原子力機構 福島研究開発部門企画調整室 次長
吉川 英樹
■廃炉国際共同研究センターの取り組み
原子力機構 廃炉国際共同研究センター
佐藤 志彦
■楢葉遠隔技術開発センターの取り組み
原子力機構 楢葉遠隔技術開発センター
荒川 了紀
■大熊分析・研究センターの取り組み
原子力機構 大熊分析・研究センター
宮地 茂彦
■福島環境安全センター三春施設・南相馬施設の取り組み
原子力機構 福島環境安全センター
菖蒲 信博

徹底分析
「中国のエネルギーをめぐる最新事情」
キヤノングローバル戦略研究所 主任研究員
段 烽軍

徹底分析
「原子力施設におけるコンピュータセキュリティの実効性確保」
サイバーディフェンス研究所 専務理事
名和 利男

ル  ポ
米ニューヨーク
「自由の女神」第4回(最終回)リバティ島上陸と冠ツアー
ルポライター
麻木田尚太

巻頭インタビュー■
「人口減の中から希望の町むつへ」
 
青森県むつ市長
宮下宗一郎
随筆■
「趣味から学ぶ「COOL CHOICE」」
藤田 成隆
  「政治家は豹変する」
山本 隆三
書評■
「東芝解体 電機メーカーが消える日」
編集部
「福島事故後台日エネルギー政策の変換と原子力協力」
編集部
寄稿■
「核兵器禁止条約の成立と課題」
日本国際問題研究所 主任研究員
戸崎 洋史
もんじゅ計画の経験を活かせ
-自主開発魂の灯
「もんじゅ設計はKnow Howでなく、Know Whyだった」
エネルギーシンクタンク(株)代表
田下 正宣
連  載
日本のエネルギー/次の一手18■
「安全意識はどこまで進んでいるか」
宮野 廣
一刀両断■
「やっぱり面倒な「男女問題」」
新井 光雄
原子力なんでもQ&A62■
「エネルギーはなくならないの」
岡本 孝司

カナダ便り53■
「カナダという国を一言で言うと?」
長崎 晋也
未来を拓くサイエンス47■
「現生人類の起源〜10万年さかのぼる?」
室伏きみ子
石油今昔29■
LNG輸出入国事情

「〈輸入計画国〉バングラデシュ」
大先 一正
百花繚乱■
「文化としての「師」の存在に学ぶ」
稲垣 恭子 放射線安全科学に思う14■
「放射線防護システムの学術基盤 (4)」
加藤 和明
親子で楽しむ
なるほどおもしろ実験43
「pHをはかってみよう!」
エネルギー環境教育ワーキンググループ
海外エネルギー事情56■
中国企業
「南米で電力・原子力開発に積極参加」
東海 邦博
カイロ発 中東最前線22■
「移民労働者にもカタール危機の余波」
池滝 和秀
放射線アラカルト27■
「放射線照射への耐性」
古田 悦子
福島第一原子力発電所リポート■
エネルギーと社会・暮らしと経済■

資料■
「東京における猛暑日の日数」
編集後記■
Jump to top
| HOME | >> | Energy Review toppage | >> | newmagazine Contents |